肥満治療薬でリバウンド回避

ダイエットに励んでは、失敗しリバウンドを繰り返している人も多いと聞きます。

近年様々な痩せる方法や、サプリメントがあふれていますが、病的に痩せるのと、健康的に体型を作るのでは大きく差があります。
太り過ぎによる疾患を改善する、肥満治療薬は今以上に太る事を予防する医薬品です。
具体的には、食べ過ぎによる必要以上のカロリーを摂取する為に肥満になります。
それを抗肥満薬で、摂食中枢に直接作用し、脳からの指令である食欲自体を抑制するのです。
要するに、お腹が空かなくなるので、過食を防止できるという訳です。

また、健康的に痩せるには、薬を服用するだけでは無く、適度な有酸素運動の組み合わせが必要とされます。
激しい運動では無く、ウォーキングやランニングでもつづける事で効果は期待できます。
最後に、痩せた後の食事にも気を使わなければ、元の体型に戻る可能性もありますので、ご注意下さい。

ただし、長期的に服用する事は出来ません。
厚生省からは内服は、3ヶ月間までと定められているそうです。
逆に、飲み続ければいいという訳でもなく、薬に対する耐性が出来て空腹感も慣れてしまうそうです。
短期的に、集中して肥満治療を行うのが一番良いみたいです。
薬 通販などの海外医薬品サイトで、肥満治療薬を利用するのも効果的です。